太りにくい体に|美肌になるには色々と工夫するのが大事|正しいケアで肌を整える

美肌になるには色々と工夫するのが大事|正しいケアで肌を整える

太りにくい体に

お茶

吸収のブロックや燃焼

食事の際に、つい多く食べすぎてしまうという人から、ダイエット茶には高い人気があります。なぜならダイエット茶は、茶葉を始めとした、繊維質の多い植物を原料として作られているからです。繊維質は腹持ちが良く、胃の中で長く留まります。さらに、糖分や脂肪分が体内に吸収されることをブロックする力もあるのです。つまりダイエット茶を飲んでおけば、その分空腹感が生じにくくなって、食べる量が減ったり、食べたとしても摂取カロリーが本来よりも少なめになったりするということです。さらにダイエット茶には、脂肪分の燃焼を促進するカテキンやサポニンなども含まれています。吸収された脂肪分が蓄積しにくくなるということですから、これによっても体は太りにくくなるのです。

一般的なお茶との違い

ダイエット茶と一般的なお茶の違いは、含まれている栄養分にあります。どちらも基本的には茶葉から作られているのですが、製造方法に違いがあることから、栄養分にも差が生じているのです。具体的には、ダイエット茶は多くの場合、茶葉を発酵させることで作られています。発酵により、カテキンは結合して大きくなり、より一層体内で力を発揮するようになるのです。また、脂肪分を分解するリパーゼも増えるので、これによりさらに脂肪燃焼が進みやすくなります。そしてダイエット茶には、茶葉以外の植物から作られているものもあります。たとえばルイボスや杜仲などですが、これらには繊維質が特に多く含まれています。そのため一般的なお茶を飲んだ場合よりも、高いダイエット効果が期待できるわけです。